雑記一覧

タイルパターンの名称

駅情報のタイルの並び方の記述について『普通の』とか『交互に』などと書いていてはいまいちわかりにくいしかっこ悪い。調べてみたらちゃんと名称がありました。ここに書いておくことできちんと各駅情報でも書けるので紹介します。なにより、正確な名前を知っておくときっと駅探索がより楽しくなります。

元々はレンガの積み方の名前です(○○積み→タイルパターンでは○○貼り)。

非常にたくさんのタイルのパターンがあるみたいですが、ここでは実際地下鉄の駅で使われているパターンの名称のみ紹介します。

通し目地(芋目地)

タイルをストレートに貼ったいわゆる普通のパターン。一番多いパターンでしょう。余談ですが、レンガを積むときは耐久性がすごく下がるので通し目地は避けるそうです。
『芋目地』の名前の由来は芋の根っこは規則正しく伸びることから付いています。
有楽町線池袋、飯田橋など。
imo.jpg

馬目地(馬踏み目地・破れ目地)

通し目地に対して、交互にタイルを貼ったものが馬目地。Theレンガ積みといったカンジです。これも多いですね。レンガ調の駅はだいたいこれです。
『馬目地・馬踏み目地』の名前の由来は馬の歩いた足跡が交互になっている所から。
有楽町線要町、千川、小竹向原など。
bafumi.jpg

長手積み・小口積み(ドイツ積み)

レンガの馬目地の積み方で、長辺(長手)が見えるように積むことを『長手積み』、短辺(小口)が見えるように積むことを『小口積み(ドイツ積み)』といいます。

タイルなのであまり関係ありませんけど、例えば千代田線の北千住駅と西日暮里駅、色とか一緒なのでパッと見同じように見えますが、北千住は『長手積み風』、西日暮里のは『小口積み風』。(各駅のタイルがキチンとレンガの比率になっているか、そこまではTerafyは調査していませんので”風”としました)
nagate.jpg koguchi.jpg

フランス貼り

長手と小口を左右上下交互に並べたパターン。オシャレに見えます。正確にはフランドル積みと言うそうですが、間違って伝わったそうで日本ではフランス積み(貼り)が一般的。由来はベルギー全土からフランス東北部のフランドル地方の積み方から。
丸ノ内線池袋、東西線日本橋、大手町(旧)など。
fura.jpg

たて通し目地(たて芋目地)

縦長の通し目地。ホームの壁としてはあまりありませんが、柱や地下通路でよく見かけます。
丸ノ内線大手町(旧)・銀座線表参道・埼玉スタジアム線川口元郷など。
tateimo.jpg

たて千鳥目地

馬目地を90回転させたような縦長のパターン。
都営新宿線神保町など。
tatechidori.jpg

たて馬目地

タイルを縦長にした状態での馬目地。
都営三田線大手町。
tateuma.jpg

金属サイディング

ガルバニウムやアルミなどの金属の鋼板をプレスして凸凹の模様をつけた壁のことで、地下鉄では大江戸線など新しい路線で見かける。シルバーの壁はだいたいこれ。

サイディングとは建物の外壁に使う板材、つまり壁に貼る板の総称で、当サイトでよく書かれている『縦長のプレート』『正方形のパネル』なんていうのも全部サイディングの一種になるのでしょうけど逆にわかりづらくなりそうなのでこの名称は当サイトでは金属サイディングのみに使うことにしました。

Bトレ地下鉄発売状況

Bトレ wikiの情報を元に、東京の地下鉄関連の発売状況をまとめてみました。東京メトロ・都営地下鉄線内を走る車両のみです。(2017年12月現在)
詳細はBトレwikiで確認してください。〔〕内は発売年です(20XX)。発売年が古いほど入手は困難です。

現役車両(東京メトロ) 現役車両(乗り入れ) 過去の車両
銀座線
1000系〔15〕
1000系特別仕様車〔17〕
2000形+1500N形〔07〕
2000形〔08〕
01系〔15〕
丸ノ内線
2000形〔08〕
日比谷線
13000系〔17〕 東武20000系〔05〕
東武70000系〔17〕
東急1000系〔12・15〕
東西線
07系〔08〕
05系13次車〔08〕
15000系〔11〕
東葉高速鉄道2000系〔09〕
JR E231系800〔03・07〕
JR103系1000〔05〕
JR103系1200(青帯)〔03〕
JR103系1200(黄帯)〔03〕
千代田線
6000系〔13・15〕
16000系(1次車)〔11〕
16000系(2・3次車)〔15〕
JR 209系1000〔03〕
JR E233系2000〔13〕
小田急4000形〔08・12〕
小田急60000形MSE〔08・12〕
06系〔08〕
JR103系1000〔05〕
JR207系900〔03・07〕
小田急9000形〔06〕
小田急1000形〔09〕
有楽町線
7000系〔13〕
10000系〔08・10〕
東武9000系〔13〕
東武50070系〔08・13・14〕
西武6000系〔13〕
7000系(黄帯)〔13〕
07系〔08〕
半蔵門線
8000系〔13・16〕
08系〔16〕
東武30000系〔05〕
東武50050系〔08・13・14〕
東急8500系〔03・06・10・13〕
東急8500系(青帯)〔04〕
東急5000系〔04・06・08・14〕
南北線
埼玉高速鉄道2000系〔08〕
東急5080系〔04・06・08・14〕
副都心線
7000系〔13〕
10000系〔08・10〕
東武9000系〔13〕
東武50070系〔08・13・14〕
西武6000系〔13〕
東急5050系〔04・06・08・13〕
東急5050系(Hikarie号)〔14・15〕
みなとみらい線Y500系〔05・13・15〕
現役車両(都営地下鉄) 現役車両(乗り入れ) 過去の車両
都営三田線
6300系〔17〕 東急5080系〔04・06・08・14〕
都営新宿線
10-300系(1・2次車)〔13〕
10-300系(4次車)〔16〕
京王9000系〔13〕 京王6000系(旧塗装)〔03・10〕
京王6000系(新塗装)〔05・07〕
都営浅草線
5300系〔16〕 京急 新1000系(ステンレス)〔08・10・15〕
京急 新1000系(アルミ)〔15〕
京急 新1000系(YELLOW HAPPY TRAIN)〔15〕
京急600系〔05・10・13〕
京急600系(BLUE SKY TRAIN)〔10〕
京急1500系〔13〕
京成3000系〔07・09・14〕
京成3050系〔10〕
北総7500系〔07・14〕
千葉ニュータウン鉄道9200系〔14〕
京急1000系〔03・04・07・09〕
京成3200系〔09・15〕
京成3300系〔09・15〕
北総7250系〔09〕
北総7150系〔09〕
都営大江戸線
12-000系3次車〔11〕
12-600系〔13〕
12-000系1次車〔11・16〕

地下鉄のBトレもほぼ出そろいました。まだ完全に発売されていないのは丸ノ内線(本線)、南北線のみ。Nゲージではこれらは発売されているので鉄道模型としては全線開通です。

Nゲージを含めてまだ模型化されていないのは、02系80番台、05系(更新色・千代田線色)、南北線N9000系、都営新宿線10-000系(試作車・8次車)。

直通先の各私鉄車両はほぼ全て発売されており、現役車両でまだ出てないのは東急3000系、京成線のいくつかくらいです。


工事中の駅

東京メトロや都営地下鉄など、各鉄道会社では駅をより便利に、よりキレイにするためいたるところで改良工事が行われています。

地下駅でホームの壁の改修が含まれるレベルでリニューアル工事が行われている駅をまとめてみました。(工事の終わりの時期は予定です。延びることもあります)
※情報が古い場合もあります。すでに工事が終わっているところや工事が始まっているところ、お気付きになられましたらコメント帳にてご指摘お願いします。

東京メトロ

銀座線

全駅

丸ノ内線

方南町駅 〜2019年度?
大手町駅 〜2018年3月

日比谷線

上野駅 〜2017年12月
茅場町駅

東西線

竹橋駅 〜2018年11月
大手町駅 〜2018年3月
日本橋駅
茅場町駅
木場駅 〜2022年度
南砂町駅 〜2022年度

千代田線

二重橋駅
大手町駅 〜2018年3月

半蔵門線

大手町駅 〜2018年3月

都営地下鉄

三田線

日比谷駅 〜2019年3月
神保町駅 〜2020年1月

新宿線

神保町駅 〜2020年1月


地下鉄なんでもランキング!

地下鉄に関するいろんなランキングをまとめてみようというコーナーです。
基本的にTerafyが調べられる手の届く範囲のランキングになっていますので、マニアックなランキングほど都内近辺の地下鉄のみが対象になっています。

路線営業距離

1.都営大江戸線:40.7km
2.横浜市営地下鉄 ブルーライン:40.4km
3.東京メトロ 東西線:30.8km
4.東京メトロ 有楽町線:28.3km
5.Osaka Metro 谷町線:28.1km

※大江戸線は完全地下の路線なので連続した地下鉄トンネルとしても日本最長(世界6位)。しかし鉄道用のトンネルとしては青函トンネル(53.85km)が日本最長となり2番目の長さになる。

駅間距離

最長

1.北神急行電鉄 北神線:新神戸駅ー谷上駅 7.5km
2.東葉高速線:東海神駅ー飯山満駅 4km
3.りんかい線:東京テレポート駅ー天王洲アイル駅 2.9km
4.都営新宿線:篠崎駅~本八幡駅 2.8km
5.東西線:南砂町駅ー西葛西駅 2.7km

完全な地下区間のみの最長

1.りんかい線:東京テレポート駅ー天王洲アイル駅 2.9km
2.千代田線:町屋駅ー北千住駅 2.6km
3.埼玉スタジアム線:中井宿駅ー戸塚安行駅 2.5km

最短

1.丸ノ内線:新宿三丁目ー新宿 0.3km
2.日比谷線:日比谷ー銀座 0.4km
2.日比谷線:銀座ー東銀座 0.4km
2.半蔵門線:神保町ー九段下 0.4km

駅の高低差

地上からの深さ

1.大江戸線:六本木駅 42.3m
2.千代田線:国会議事堂前駅 37.9m
3.南北線:後楽園 37.5m

ちなみに標高の低さでいうと半蔵門線住吉駅2番線ホームが標高-33mで東京の地下鉄で一番低いところになる。
地下鉄以外ではJR上越線土合駅(地下70m)、標高では青函トンネル竜飛斜坑線体験坑道駅(海面下140m)が日本一。

地上からの高さ(東京)

1.日比谷線:北千住駅 14.4m
2.銀座線;渋谷駅 12.1m
3.都営三田線:高島平駅 10.1m
3.都営新宿線:東大島駅 10.1m

メモ:東京以外の高い駅

見つけたものをどんどん書いていきます。
・大阪市営地下鉄 中央線:弁天町駅 13.7m

標高の高さ

1.仙台市営地下鉄 東西線:八木山動物公園駅(しかも地下駅) 136.4m
2.神戸市営地下鉄 西神・山手線:総合運動公園駅 102.74m

地上からの浅さ

御堂筋線:西田辺駅 地上から1.6m
※ネットの記事で地上からの深さでの数値が出ている浅い駅として紹介されているのはここだけでした。銀座線も浅いはずですが数値がわかりません。

エスカレーターの長さ

1.りんかい線:大井町駅 全長44m
2.千代田線:新御茶ノ水駅 全長41m
3.半蔵門線:永田町駅 全長40m

※全長がわからないのでランク外になりましたがみなとみらい線のみなとみらい駅も高低差17.7mとなかなかのもの。非公式ですが大井町駅の高低差22m、永田町駅の高低差16mとのことなのでこちらもなかなかの長さだと思います。

一番短いエスカレーター(地下鉄ではないため参考記録)

川崎モアーズ 高低差0.83m(世界一)

利用者数

※集計方法が各社違いそうなので東京メトロと都営地下鉄のみ(2016年度)

乗降人員の多い順

東京メトロ

1.池袋駅
2.大手町駅
3.北千住駅

都営地下鉄

1.新宿駅
2.神保町駅
3.大門駅

乗降人員の少い順

東京メトロ

1.西ケ原駅
2.志茂駅
3.桜田門駅

都営地下鉄

1.国立競技場駅
2.新高島平駅
3.白金台駅

乗り換えの距離

駅名が異なる乗り換え

1.丸ノ内線:国会議事堂前駅ー銀座線:溜池山王駅 765m
2.丸ノ内線・銀座線:赤坂見附駅ー南北線:永田町駅 720m
2.丸ノ内線・銀座線:赤坂見附駅ー有楽町線:永田町駅 715m
3.丸ノ内線:淡路町駅ー千代田線:新御茶ノ水駅 625m

同じ駅名での乗り換え

1.大手町駅:丸ノ内線ー都営三田線 595m
2.飯田橋駅:東西線ー都営大江戸線 590m
3.市ケ谷駅:都営新宿線ー南北線 560m