埼玉スタジアム線一覧

埼玉スタジアム線 データ

previous arrow
next arrow
ArrowArrow
Slider

距離

赤羽岩淵駅 ー 浦和美園駅:14.6km

駅数

8駅
(地上駅1駅:浦和美園駅)

正式名称

埼玉高速鉄道 埼玉高速鉄道線

車両

2000系
《乗り入れ車両》
【東京メトロ】
9000系・9000N系(9000系5次車)
【東急目黒線】
3000系・5080系

駅の特徴

乗り入れ先の南北線とは異なり、一般的なホームドアが使われている。駅ごとにステーションカラーが決められているが、これも南北線のローテーションとは独立していてレインボーカラー順になっている。

壁の特徴として東京メトロによくあるラインカラーの帯が壁に付いているが、埼玉高速鉄道線の場合はラインカラーではなく、各駅ごとのステーションカラーの帯になっている。

MEMO

駅番号は頭の文字はSRに変わるが南北線と地続きになっている。ちなみに2000系の先頭にも付いているこの「SR」はSaitama Railwayの略。

8駅しかないが、距離だけで見れば銀座線よりも長い距離を走っている。

荒川を渡る鉄道は地下鉄を含み数あるが、埼玉スタジアム線が唯一地下を通っている。横断区間は赤羽岩淵−川口元郷間。

開業当初は「彩の国スタジアム線」という愛称が付けられていたが、駅などの表記としても使われることはなく、長年正式名称の「埼玉高速鉄道線」の名称が使われ続け、愛称はほぼ使われることなく風化してしまった。そして2015年、「埼玉スタジアム線(埼スタ線)」という愛称が新たに付けられ今度はサイトなどで積極的に使われている…が2017年現在では乗り入れ先の東京メトロや乗り換え案内のアプリなどではまだ大半が埼玉高速鉄道線の名称が使われているため、普及にはもうしばらくかかりそうである。


SR20 埼玉スタジアム線 川口元郷駅

SR20_photo01.jpg

乗り換え

なし

構造

島式ホーム1面2線

NOTE

2001年3月開業。

ステーションカラーは紫。埼玉高速鉄道管轄の地下ホームで唯一タイル張りの壁で、白いタイルのたて通し目地に紫の帯。駅名標の両脇には小さな正方形タイルがカラフルに並んでいる。このカラフルなタイル、完全なランダムではなく横は3列ループ(と言っても6列しかないが)、縦は5行でループになっている。使われている色は赤、黄、橙、黒、青、緑、紫の7色。
SR20_photo02.jpg

撮影日:2017年1月

SR21 埼玉スタジアム線 南鳩ヶ谷駅

SR21_photo01.jpg

乗り換え

なし

構造

島式ホーム1面2線

NOTE

2001年3月開業。

ステーションカラーは藍色。壁は縦長プレートに藍色のライン。駅名標周りは藍色の3色のグラデーションがプレート1枚ごとに塗られている。そして当駅の壁最大の特徴はラインがZ状に折れ曲がっていること。埼玉スタジアム線の場合は路線カラーではないもののラインが折れている駅は他にはなく見た目のインパクトは抜群である。
SR21_photo02.jpg

撮影日:2017年1月

SR22 埼玉スタジアム線 鳩ヶ谷駅

SR22_photo01.jpg

乗り換え

なし

構造

島式ホーム1面2線

NOTE

2001年3月開業。

ステーションカラーは水色。壁は縦長の大理石調の模様が付いたプレートに水色のライン。駅名標周りは赤・緑・青のどれかの色が塗られており、駅名にちなんで鳩が描かれている。ちなみに鳩ヶ谷という地名の由来は鳥の鳩は全く関係ないらしい。
SR22_photo02.jpg

撮影日:2017年1月

SR23 埼玉スタジアム線 新井宿駅

SR23_photo01.jpg

乗り換え

なし

構造

島式ホーム1面2線

NOTE

2001年3月開業。

ステーションカラーは萌黄色。壁は縦長のプレートに萌黄色のライン。駅名標周りはプレート3枚分に絵が描かれている。駅名標周りの絵はだいたい駅名標をセンターに描かれることが多いが、当駅の絵は駅名標が左寄りになっている。
SR23_photo02.jpg

撮影日:2017年1月

SR24 埼玉スタジアム線 戸塚安行駅

SR24_photo01.jpg

乗り換え

なし

構造

島式ホーム1面2線

NOTE

2001年3月開業。

ステーションカラーは黄色。壁は縦長のプレートに黄色のライン。駅名標周りはプレート3枚分に絵が描かれている。3色の斜めのラインにオレンジのグラデーションの絵が描かれているが、オレンジのグラデーションは2パターンある。
SR24_photo02.jpg

撮影日:2017年1月

SR25 埼玉スタジアム線 東川口駅

SR25_photo01.jpg

乗り換え

JM23武蔵野線

構造

島式ホーム1面2線

NOTE

2001年3月開業。

ステーションカラーはオレンジ。壁は縦長のプレートにオレンジ色のライン。駅名標周りはオレンジのグラデーションがかかった模様が描かれている。

埼玉スタジアム線の駅で直通運転をしている南北線を除けば当駅が唯一乗り換えのある駅。
SR25_photo02.jpg

撮影日:2017年1月

SR26 埼玉スタジアム線 浦和美園駅

SR26_photo01.jpg

乗り換え

なし

構造

島式ホーム2面2線

NOTE

2001年3月開業。地上駅。

ステーションカラーは赤。埼玉スタジアム線のステーションカラーは虹をモチーフに取られているが、偶然にも(?)埼玉スタジアムをホームとする浦和レッズのチームカラーと同じになっている。路線愛称にもなっている埼玉スタジアムだが駅から1.2kmほど離れており、最寄り路線なのは間違いないが決して近くはない。埼玉スタジアムで試合がある時は臨時ホームの3番線が使われる。臨時ホームなので埼玉スタジアム線・南北線・東急目黒線通して唯一ホームドアの無いホームとなる。
SR26_photo02.jpg SR26_photo03.jpg
SR26_photo04.jpg SR26_photo05.jpg

撮影日:2017年1月