C12 千代田線 新御茶ノ水駅

C12_photo01.jpg

乗り換え

M19丸ノ内線(淡路町駅)
S07都営地下鉄 新宿線(小川町駅)
JC03JR中央快速線(御茶ノ水駅)
JB18JR中央・総武緩行線(御茶ノ水駅)

構造

島式ホーム1面2線

NOTE

1969年12月開業。

ホームの長さが12、3両分くらいある。

現在の壁は1997年から2001年の改装工事でできたもので、黄色のプレートに代々木上原方面は月の和名、綾瀬方面には二十四節気のモザイク壁画がある。代々木上原方面には日のタイルもあり、カレンダーになっていて、祝日は赤文字になっていたり(2016年に新しく追加された山の日もきちんと赤文字になっている反面ハッピーマンデーの祝日は黒文字のまま)、日曜日の日の上には赤い印が付いていたりと芸が細かい。壁の上の方はラウンドしている。

千代田線で横長の駅名標が使われているのはこの駅と町屋駅(ホーム側)のみである。

ちなみに御茶ノ水方面にあるエスカレーターは全長41mとかなり長い。東京メトロの中にあるエスカレーターでは最長。日本の地下鉄では2番目の長さになる。ちなみに1番目はりんかい線大井町駅(44m)
C12_photo02.jpg C12_photo04.jpg
C12_photo05.jpg C12_photo06.jpg C12_photo07.jpg

撮影日:2016年8月