副都心線一覧

副都心線 データ

距離

和光市駅 ー 渋谷駅:20.2km

駅数

16駅
(地上駅1駅:和光市駅)

ラインカラー

ブラウン

車両

7000系
10000系
(前面にゴールドラインの有無で2種類ある)
《乗り入れ車両》
【東武東上線】
9000系・9050系
50700系
【西武池袋線】
6000系
【東急東横線】
5000系・5050系
【みなとみらい線】
Y500系

駅の特徴

開業時からホームドアが設置されている。和光市から小竹向原は有楽町線と共通。

副都心線専用駅の千川駅〜明治神宮駅はデザインコンセプトとステーションカラーがあり、それに基づいてデザインされている。ホームの壁デザインは駅名標の周りに絵が描かれて他は白で統一されており、全体的に明るめ。ホームドアが最初から設置されているので離れたら見えない下の大部分がコンクリのままだったりする。

渋谷駅は東急線の駅扱いなので雰囲気が全く違う。




F09 副都心線 池袋駅

F09_photo01.jpg

乗り換え

M25丸ノ内線
Y09有楽町線
TJ-01東武東上線
SI01西武池袋線
【IKB】
JY13JR山手線
JA12JR埼京線
JS21JR湘南新宿ライン

構造

島式ホーム1面2線

NOTE

1994年12月新線池袋駅として開業。後に2008年6月副都心線の池袋駅になる。

壁のデザインは副都心線になったときに変更。丸ノ内線とも連絡通路で繋がって利用しやすくなった。デザインコンセプトは『エネルギー×芸術の自由さ』ステーションカラーは『ブランネージュ(白色)』。

過去の壁

新線時代のデザインは通し目地の上から菱形のマークを貼り付けたようなデザインだった。

撮影日:2014年3月

F10 副都心線 雑司が谷駅

F10_photo01.jpg

乗り換え

SA27都電荒川線(鬼子母神前)

構造

島式ホーム1面2線

NOTE

2008年6月開業。

駅の構造は単線シールドを並べた構造で、駅両端と真ん中のみが上下線繋がっていて他は壁になっている。デザインコンセプトは『木漏れ日×過去への思い出』ステーションカラーは『青竹色』。

都電の乗り換えは『都電雑司ヶ谷』ではなく『鬼子母神前』なので注意。
F10_photo02.jpg

撮影日:2014年4月

F11 副都心線 西早稲田駅

F11_photo01.jpg

乗り換え

なし

構造

島式ホーム1面2線

NOTE

2008年6月開業。

駅の構造は単線シールドを並べた構造で、駅両端と真ん中のみが上下線繋がっていて他は壁になっている。デザインコンセプトは『文教×水流』ステーションカラーは『水色』。
F11_photo02.jpg

撮影日:2014年4月

F12 副都心線 東新宿駅

F12_photo01.jpg

乗り換え

E02都営地下鉄 大江戸線

構造

二層ホーム2面4線

NOTE

2008年6月開業。

デザインコンセプトは『アクティブ×つつじ』ステーションカラーは『薄紅』。

各方面で階が別れていて、快速の通過待ちができるようになっている。以前は快速の通過側がついたてで塞がれていたが2015年についたてが外されホームドアが取り付けられた。

また、副都心線で唯一壁のデザインが上下線で異なる。両方ともツツジで背景の色だけが違うだけのように見えるが渋谷方面(背景ピンク)のツツジの方が小さく、池袋方面(背景クリーム)のツツジは形は基本同じだが拡大されている。
F12_photo02.jpg

撮影日:2014年4月

F13 副都心線 新宿三丁目駅

F13_photo01.jpg

乗り換え

M09丸ノ内線
S02都営地下鉄 新宿線

構造

島式ホーム1面2線

NOTE

2008年6月開業。

デザインコンセプトは『光の帯×内藤新宿』ステーションカラーは『藤色』。

すでに開通している都営新宿線と丸ノ内線の間をぬってトンネルを掘ったので、上を走る丸ノ内線とは30cm、下の都営新宿線とはなんと11cmしか隙間が無く、更にホーム中央部分が盛り上がったような構造になっている。

撮影日:2014年4月



F16 副都心線 渋谷駅

←F15 明治神宮前〈原宿〉駅 ・ TY02 代官山駅→
F16_photo01.jpg

乗り換え

G01銀座線
Z01半蔵門線
TY01東急東横線(直通)
DT01東急田園都市線
IN01京王井の頭線
【SBY】
JY20JR山手線
JA10JR埼京線
JS19JR湘南新宿ライン

構造

島式ホーム2面4線

NOTE

2008年6月開業。

東急の管理駅なので駅名標や案内看板等東急の仕様になっている。駅の設計は建築家の安藤忠雄氏。駅のテーマが「地宙船」となっており、駅中央が卵型のオブジェに包まれたようなデザインになっている。「地中船」中心部は1階から3階が吹き抜けになっていて、上からホームを覗くことができるが、その部分が2、3番線のレールの上であり、電車を真上から見ることができる地下鉄ではかなり珍しい構造となっている。また、2番線3番線の間には中柱がなく広々としている。

壁はグレーを基調にしたデザインになっている。

2013年に東横線との直通運転が開始されるまで(実際には工事が行われているので2011年頃まで)は2、3番線は一部線路を残してあとは通路にしてあり、とても広い島式ホームのようになっていた。
F16_photo02.jpg

撮影日:2016年8月