コメント帳

このサイトへのご意見、ご感想、ご要望等のメッセージはこちらにお願いします。

管理人はレイアウト製作に関してはど素人なのでどんどん意見を言っていただけると嬉しいです。

コメント

  1. 城北狐 より:

    記事にコメントの内容が採用されていてびっくりしましたww
    新中野のタイルは両端の出口に近づくと薄緑のタイルが1列ごとになるんですよね。田園都市線の地下区間に近いものがありますね。
    荻窪にだけある電光表示、丸ノ内線の行先表示機が液晶LCDになっても残っているとは不思議です。(行先表示とは関係ないから生き残ったのか?)
    メトロ各駅から水飲み場が撤去されたのに対し都営の駅では東京都の水道をアピールする為に水飲み場が改良されて残ってたり…2社局で考えている事が違いますね。

    • 城北狐 より:

      下の水飲み場の話題は南阿佐ヶ谷に付随してです。敢えて同じ構図で撮りました?

      • Terafy より:

        南阿佐ケ谷駅の写真は全くの偶然ですw
        2周目の写真を撮ってると結構こういうことがあります。撮りやすい場所ってのがあるのかも。今回は水飲み場がなくなってたりベンチが増えていたり変化が大きかったので前の写真も残してみました。
        6年も経つとさすがにちょっとした変化が多いですね。ベンチとか。そんな中でも荻窪駅にあるあの案内板が残ってたのは嬉しかったです。

  2. 城北狐 より:

    新大塚の壁の赤帯の上に細い赤線があるやつ、あれもしかして02系の車体に巻かれている帯なのでは?
    下のサインカーブと合わせて新旧の丸ノ内線の車両をイメージしたように思えます。

    • Terafy より:

      ああ、これは面白い解釈ですね。帯の周りに黒縁が付いているので厳密には違いますがそう言われると納得はできます。

      背景色のピンクも300形・500形の車内色ですし。せっかくなので記事に書き加えてみました。

  3. 城北狐 より:

    F線池袋は新線池袋時代から利用していましたが、階段降りてすぐにあるパブリックアート(幸せのリング)って新線時代にはなかったんですよね。副都心線になったらいつの間にか出来ていましたね。
    副都心線開業時に駅のラックで配られたパンフレットがあるのですが、それには明治神宮前の高い天井(とTerafyさんが称していた)部分は吹き抜けと書いてありましたが…
    残念ながらそのパンフレットは今は行方不明ですが。
    因みに副都心線開業パンフレットは副都心線開業を知らせるものと、各駅のデザインやパブリックアートに焦点を当てたちょっとマニアックな内容のものの二種類あって、後者のものは人気だったのか元々あまり刷っていなかったのか前者のものより早くなくなりました。

    • 城北狐 より:

      追記:渋谷駅の吹き抜けは実は3カ所あって記事に書かれている円形の吹き抜けの他に「地宙船」の両端にあたる部分も地味に吹き抜けになっています。
      明治神宮前の該当部分、GoogleMapで改めて見た所確かに吹き抜け部分にフロアがなく模様の書かれた壁になっていますね。
      聞くところによると吹き抜けは駅のアクセントだけではなく火災が発生した際に煙を逃す為でもあるみたいです。
      新宿三丁目のように吹き抜け上部の周りに一般客が立ち入れない構造ですが、吹き抜けと言ってもいいかと。
      二重橋前駅で皇居の一般公開時に使われていた臨時階段を解体し、吹き抜けにした例があり、副都心線以外の駅でもリニューアルで吹き抜けができる可能性もあります。

      • Terafy より:

        パブリックアートは副都心線の物は山水展開図以外は全て共通の路線図付きの銘板が付いているので副都心線が開通の際に付いたんでしょうね。

        明治神宮前の天井の件はwikipediaにも「吹き抜け」と書いてあったんですが上の階が見えるところがなかったので吹き抜けてないじゃん!とあのような表記にしたのですが、調べてみると新宿三丁目駅のような天井が高いところ全体が上の階と繋がってるわけじゃなくて吹き抜け部分は小さいみたいですね。…そんなところあったかなぁ?ネットで写真は見つけたのであるんでしょうけども(笑
        該当部分を撮影してから記事は書き換える予定です。

        渋谷駅の両端の吹き抜けはどうやら採用はしなかったものの写真には収めていたようです(笑
        あれ吹き抜けになっていたんですね。角度が逆方向から見てたので吹き抜けに見えないという…

  4. 城北狐 より:

    「半蔵門線三越前の写真を追加しました」と書いてあったので何の写真を追加したんだろう?と思って見てみたら…
    それと副都心線渋谷駅の中線は4、5番線ですよ。
    東横線と副都心線だけで見れば2面4線ですが、田園都市線と半蔵門線の続番になっているので3~6番線を使っています。
    開業順は東横線の方が先なのですが地下の副都心線ホームに移転した為に田園都市線より大きい数字になってしまいました。
    余談ですが、東横線系統のみで2面4線を構成している駅はどういう訳か全て3~6番線になっています。(菊名、自由が丘、半分F線だが渋谷)
    駒沢大学駅はもう対向壁はあのまま放置ですかね…

    • Terafy より:

      写真をじゃんじゃん載せるスタイルに変更したので壁のデザイン全部載せました。36枚で一つのデザインですしね。

      番線表記はミスでしたね。修正しました。普段意識していないのでややこしいですね(笑

      駒沢大学駅は以前の姿を直接見た記憶はないですが、壁に直接色が塗られたということはそのままの可能性が高いですよね。それはそれで個性になって面白いですが…駅名標が壁についてないところは気になりましたね。

  5. Terafy より:

    壁イラストを印刷した(しようと思っている)方に質問です。

    イラストの駅名標周り、そしてラインカラーの太さ。駅名が読めなくてもリアルに寄せた方がいいと思いますか?

    最近の新しめの壁描こうとするとどうしても駅名標をデフォルメすると違和感が出てくるんですよね。

    有楽町線の壁とか駅名読めないとどこだかわかんないからデフォルメにこだわってたんだけど、新しめの駅は柄だけでどこかわかるし…でもあっちはデフォルメ、こっちはリアルとかやると統一感なくなるし。

    プリント依頼数が50超えたら相対式ホームもぼちぼち本格運用していこうかと思っていましたが気づいたらとうに過ぎてしまいました。

    変えた方がいいという意見が多数ならイラストをリニューアルする予定です。高さのサイズ感なんかも思うところがあればこの機会にご意見をいただければと思います。

    ぜひみなさんの意見をお聞かせください。

    • 菅井拓 より:

      自分は文字が読めなくても、原寸に近い方が良いですね!
      是非、ご検討ください(^O^)

      • Terafy より:

        貴重なご意見ありがとうございます!
        よりリアル調になるように調整していこうと思います。

  6. 城北狐 より:

    夜分遅くのコメントで失礼します。
    半蔵門線の一部の駅等ホームドアの無い時に撮影したもので、ホーム際が良く映っているものは残しておいてはどうでしょうか?

    • Terafy より:

      一応言い訳ですが九段下駅のようにホームドアがない頃の写真も残すつもりでした。

      半蔵門駅や永田町駅なんかはサイト立ち上げ初期に撮った写真で今と写真のアングルの方針が異なって全景?というような写真だったので残さなくていいや、と思っていました。

      (当時はまだ人を写さないことにこだわりすぎて狭いアングルになってたんじゃないかなと思います。そもそも壁さえ写してればいいと思ってたんで)

      しかし、この書き込みを見た後改めて写真を見てみると蛍光灯が異なってたりとホームドア以外にも違いが見られる写真だったので掲載することにしました。

      三越前駅と大手町駅は単純に見逃しミスです^^;

      半蔵門線2時間近くかけて永田町駅ー押上駅撮ってきたんですが、半蔵門駅にパブリックアートがあることを後で知ったり水天宮前駅の水槽撮り忘れたり押上駅の半纏1種撮り忘れたりでまた撮影に行かないと…半蔵門線はもう何周目なんだろう…

      • 城北狐 より:

        半蔵門線は錦糸町にホームドア(しかもB線は大開口!)が出来るので私も何回か行っています。
        残る神保町、水天宮前、清澄白河、住吉も遅くても2023年には稼働するので、その4駅も油断しているといつの間にか筐体が設置されているのでしょうね。
        せめて18000系が営業運転するまでないといいのですが…

      • 城北狐 より:

        追記
        半蔵門線は東急管轄の渋谷を含めても全14駅しかないのでどうしても一日で回れる気がしてしまいまい、せっかく行ったのに途中で疲れて調査し忘れたりしてしまいますよね。私もよくあるので…
        半蔵門駅のパブリックアートは改札口同士をつなぐ地下道の途中にあるやつですか?近くにエレベーター改札口があるとはいえ人通りもあまりないので気付かない方が多いでしょう。

        • Terafy より:

          ホントだ…!錦糸町駅のホームドア両側で別物ですね。設置されたら記事に載せさせてもらいますね。
          ホームドアは気づくとあっという間にできてるのでそろそろのんびりできないですね;
          半蔵門線の頻度は5分と絶妙に足りないんですよね。6分だとギリギリ改札階行く余裕あるんですが。
          仙台市地下鉄はよく6時間で全駅まわれたもんです(7分間隔)。
          パブリックアートはwikipediaだか見てあるじゃん!と(笑)
          一度載せ始めてしまうとやっぱ全部押さえてしまいたくなっちゃいますね。

  7. 城北狐 より:

    そういえば半蔵門線って何気に大手町リニューアルまでは他社管理駅含め全駅にラインカラーが壁に引かれてた唯一の路線だったんですよね…
    (トエシンは新線新宿が黄緑でない為ノーカン)
    神保町のラインが赤紫(従前タイプ)から青紫(清澄白河タイプ)になったのっていつ頃でしょうか?前は壁イラストと同じく赤紫だったと思うのですが。
    初期の半蔵門線で使われていた赤味のかかった紫は京紫、押上延伸以降使われる事が増えた青っぽい紫は江戸紫と呼ばれるそうで、「東京の地下鉄なので東京の色にしたい」という思惑もある気がします。後は東武マルーンとの被り防止?

    • Terafy より:

      渋谷駅は東急の管理駅ですが建設が営団だったので紫のラインをつけられた訳ですね。
      有楽町線は和光市に壁があれば…(笑

      神保町駅のライン言われてみれば明るい紫ですね!直しておかなければ…調べてみたところ1989年時点ですでに明るい紫のようです(メトロアーカイブアルバムより)

      https://metroarchive.jp/pic_year/year1980/%E7%A5%9E%E4%BF%9D%E7%94%BA%E9%A7%85%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%A0.html

      色を変えた理由は個人的には大江戸線と色が似てしまうので変えたと思っています。ただ、都営地下鉄の路線図では半蔵門線のラインカラーが未だに濃い紫なんですよね。
      …と書きながら画像検索してみたところ営団の路線図はほぼ初期から明るい紫で作られているみたいです。昭和55年(1980)時点では濃く、昭和58年(1983)(こちらは下じきなのでプラスチックでしたが)は明るかったです。謎は深まりますね。

      • 城北狐 より:

        開業時点で既に明るい紫だったのか…って私が生まれる前じゃん!
        両隣の九段下と旧大手町が濃い紫だから勘違いしたのかも…
        昭和58年で既に明るい紫だとすると、営団8000系や平成2年開業の水天宮前の帯が赤紫(濃い紫)なのも謎ですね…(いくら下敷きとはいえ)
        営団8000系の製造は1980(昭和55)年から1994(平成6)年にかけてなので8000系はまだ濃かった時の発注ですね。
        しかし2003(平成15)年導入の08系は濃い紫がメインで、薄い紫はアクセントで配置されていて(8000系より新しい事をアピールする為らしい)、車両に明るい紫は浸透していなかったようです。
        次世代の18000系はイメージを見る限り明るい紫がメインに、濃い紫の方がアクセントになっているようです。
        単に他路線と被らないという理由で決まったらしいので紫ならなんでもいいのかも…

        • Terafy より:

          昔は現在ほどデジタルで色の数値化もされてなく、職人によるインクの配合いかんで色はブレやすかったのも多少はあると思います。銀座線の車体がレモンイエローから徐々にオレンジになっていったのは有名な話ですよね。
          それにしても赤紫と青紫はちょっと差が大きいのでこれもなんか違う気がします。

          路線図をデザインした人も1972年からということなのでデザイナーが変わって…ということもなさそうだし、結局はそんなにこだわってなかった、が正解なのかもしれません(笑

  8. 城北狐 より:

    TXはいつか執筆すると前に返信でありましたが、まさかJRの地下駅もやってくれるとは。
    JR線は基本的にJRでしか行けない所に行く時しか乗らないので(都区内は地下鉄と私鉄メイン)、JRの駅の記事は個人的に嬉しいです。
    全体的な雰囲気なら越中島が好きなんですがホーム側の壁や改札階にかける力を線路対抗壁にもかけられなかったのか…その割に謎の骨組みと青帯があるし…

    • 城北狐 より:

      対抗壁ではなく対向壁ですね…
      京葉線には昔メトロにもあった路線案内がありますが殆ど残っていません。
      越中島も2番線は全撤去されていますが、何故か1番線の八丁堀寄りにだけ残っています。今もあるか分かりませんが。

    • Terafy より:

      メトロと都営が終わった今、基本的には地下駅は全て撮影して記事にする予定ですよ。あくまで予定ですがw 時間とお金があれば日本中に行きたいくらいです。
      最近アップしているものは今まで撮ってたものを引っ張り出してますが近々カメラを新調しようかという考えもあったりでその辺は撮り直しに行くかもですね。
      JRはトンネル断面が大きいからとかその辺の事情もあるんですかねぇ。あのJR独特の無骨な地下駅も嫌いではないです。

      • 城北狐 より:

        調べて見たけどJRの地下駅って凝った装飾じゃないってだけで一応化粧板貼ってあるんだよね…(例外で新日本橋、越中島は微妙な所)
        そういえば東急線の日吉ってTerafyさん的に対象になる?
        (壁はあるが厳密には堀割で地下駅ではない…)

        • Terafy より:

          JRのは地下鉄に比べると全体的に荒めなんですよねw 東京駅京葉線が例外的というか。まぁ例外っていうほど地下駅も多くないですけどね。

          日吉駅はちょうどwikipediaを見てどうしようかと思っていたところですが、ホームの印象だけで言えば田園調布駅と変わらないですし、両端がちょっとのトンネルですぐ地上に出てしまう田園調布駅なんかも事情としては同じようなもんだと思うので記事にしちゃえばいいやと思ってます。日吉駅も一応写真あるけど撮り直しです。

  9. 城北狐 より:

    10000系が鉄道模型の地下鉄人気に火を点けたのは間違いないですね。プラレールにメトロの車両が出始めたのもあの辺ですし。(後にその10000系のプラレールが超改悪されるとは思いもしなかったが…)
    有楽町•副都心と半蔵門の新車の考え方は古い7000/8000系を新しい7000/8000系で置き換えるというものなのであの2形式にイマイチ目新しさが無いのはそのせいかと。
    17000系はよく見ると歴代の7000•07•10000系以外にも05系や最近の16000系、13000系の要素もありメトロ車の集大成といえるけど混ぜ過ぎた感じがしますね。
    メトロっぽくないとのことですが、17000系は既に東上線の新車とか言われてます…
    18000系は多分歌舞伎の隈取イメージなんだろうけど前面デザインがパンツ被った変態みたいに見えるのが…
    副都心線っぽいE233系は近く記事にしようと思うので見に来て(唐突な宣伝)

    • Terafy より:

      言われてみれば東武70000系っぽいですねw と言うかTX3000系など似た見た目が増えてきて面白みがないなぁと。よく見りゃ違うんでしょうけどもね。

  10. 城北狐 より:

    Nゲージの販売状況を改めて見ると万系ほぼ全てのメーカーでだしてますね。メトロ10000系は特に人気の高い車種で登場時の注目は凄まじいものでした。16000系等後継の車両が次々登場した今でも真新しく見えます。
    16年頃に拾ったTOMIXのパンフに副都心線のラインを纏ったE233系?が端っこに映っていた事があったけどなんだったんだろうか?

    • Terafy より:

      10000系は東京メトロ初の新車ってことと前面の丸っこさで斬新でしたしね。あの頃から地下鉄のNゲージがいろいろではじめてきた時期だったと思います。17000系と18000系は随分とシンプルな感じで逆にメトロっぽくない気がします。
      副都心線っぽいE233系…南武線?

  11. 城北狐 より:

    Nゲージのページ、新設なされたのですね。
    東京メトロは大体どっかしらが販売していますね。
    サイトは…これでいいのかな?
    例の壁の事は中々写真を撮りに行けないのでしばらく後になりそうです…
    あと迷惑じゃなきゃいいけど…(ここのコメント私ばっかだし)
    過去に他のコメント帳で痛い目みたのでちょっと心配です。

    • Terafy より:

      Nゲージのページは何年か前から用意はしてたんですがBトレもだいぶ下火になってしまいましたしいい加減完成させないと…と重い腰をあげました(笑) そんなコンテンツがあといくつかあったりします。駅の記事も路線ごとにまとまったら…とかもうやめてその都度記事にしていこうかと思ってます。撮影後3年放置の駅が10近くあったので;
      地下鉄車両模型がこんな充実するなんて10年ほど前は想像できませんでしたね〜いやぁ嬉しい!

      城北狐さんのブログ、後ほどゆっくり読まさせていただきますね。

      コメントは猛連投とかでなければ大丈夫ですよ。サイトに活気がある事はありがたいことです。ただ、自分がわりと筆が遅いので返信が遅いこともありますがご勘弁ください。城北狐さんの投稿で他の人も気軽に書き込めるようになったらいいな、なんて。

      • 城北狐 より:

        発端となった某駅名を見聞きしたりその方のメインの某私鉄の車両を見るだけで動悸や吐き気を起こす位落ち込んでいたのでその言葉はありがたい…
        始めたばかりで記事が出揃ってない上に文章力が無いので無駄に文が長くつまらないと思いますがよければぜひ。
        基本的にここへの書き込みは壁に変化があった際にコメントする(某駅メロ情報サイトのような)感じにしてますが、私物化•掲示板的利用と感じる事があれば言ってください。今後の書き込みに反映したり自粛しますので。

  12. 城北狐 より:

    さっきのメニューデザインが更に黄色に塗られていて総武線の駅みたいになってるw
    そういえば銀座線の新橋駅、虎ノ門側から来ると2番線到着直前に1番線と同じ様な壁があり、しかも駅名標も点灯している(恐らく道中の電灯と同じ扱い)のですが、気づきました…?
    1番線ホームに被っているが階段裏+改良工事の囲い+警備員の目があり行き辛い&見れるか怪しいですが。(自分はビビって行けませんでした)
    多分かつて島式だった名残かと思います。浅草方面の電車に乗り前面にかぶりつくのが今の所確実に確認する唯一の方法で、私もそれでたまたま発見しました。
    銀座線に乗る機会があれば是非。

    • Terafy より:

      メニューは一応東京メトロの案内板のイメージです。今は乗り換えなどは紺色ですけどね。リンクボタンは基本あの色に統一する方向です。

      思い返してみると新橋駅は降りるのが相対式側の方が多かったので多分見逃していると思います;
      新橋駅といえば(日本橋駅だったかな?)ホームの端に男女兼用(だったと思う)のトイレがあったんですけど今メトロの構内図見たら無くなってました。一度入っておけばよかったです。

      • 城北狐 より:

        紺色の“ご案内”表示が新たに出て、ああメトロのヤツ!ってなりました!
        この前千葉に行ったばかりだからか頭の中に「もとやわた~(津田ボイス)」が流れる…
        新橋の島式時代?の壁は虎ノ門寄りのホームから見えづらい位置にあるから新橋から乗ると見ないかも。
        渋谷方面乗車時だと新橋を出た時一瞬だけ単式のはずの2番線に壁があるのが見える位でほとんど視認できません。
        トンネル内扱いで放置されるかもしれないが、今後行われるリニューアルでさらっと取り壊す可能性も大きいので改めて行ってみたいと思います。

      • 城北狐 より:

        簡易的な物ですがブログを初めてました。銀座線新橋駅の残された壁については調査次第執筆したいと思います。
        先述した通りなくなる事もありえるので…

        • Terafy より:

          見えないところであればそのまま残す可能性は大きいですね。撤去するにしても強度とか変わるでしょうから。どちらにせよ確認には行きたいところですね。
          ブログは是非見てみたいです。