半蔵門線 データ

ArrowArrow
Slider

距離

渋谷駅 ー 押上駅:16.8km

駅数

14駅

ラインカラー

パープル

車両

8000系
08系
《乗り入れ車両》
【東急線】
2000系
8590系
8000系
5000系
【東武線】
30000系
50050系

駅の特徴

渋谷〜青山一丁目間が1978年、半蔵門〜三越間が1989年、水天宮前〜押上間が2003年と全線開業までにとても長い期間がかかっているため、同じ路線内でのデザインの変化が著しい。ナンバリングが増えるほどにホームが凝ったデザインになっていくのはおもしろい。

渋谷ー水天宮前間と清澄白河ー押上間で紫のラインのカラーが異なっている。これは、大江戸線開業あたりから路線図の半蔵門線カラーが明るくなったから。おそらく大江戸線と色が似て間違いを防ぐためだと思われるが、都営地下鉄発行の路線図では半蔵門線のラインカラーは濃いままだったりする。