G19 銀座線 浅草駅

G19_photo01.jpg

乗り換え

A18都営地下鉄 浅草線
TS01東武スカイツリーライン

構造

相対式ホーム2面2線

NOTE

1927年12月開業。地下鉄で最も古く作られた駅のひとつ。

2017年12月に駅のリニューアルが完了。テーマは「祭りの街」。ダークグレーをベースに壁や天井、柱に浅草寺に使われている『べんがら色』という赤っぽい色が映える。壁上部にはちょうちん型の照明が並び賑やかな雰囲気。

ホームは綺麗になってたりするものの、改札階の天井の低さや独特な雰囲気を醸す地下商店街、狭くて急な階段の6番出口や屋根のない8番出口など昭和の雰囲気が色濃く残っている。赤くて特別な建物の4番出口も綺麗になっているが開業当時からそのままの姿である。

1番線ホームには都営地下鉄浅草線ホームへの連絡通路があるが、トンネルの中を歩くようなところが10mほどある。浅草駅の先には留置線があるが、大規模な行事がある時意外は基本的に電車は駅内で折り返すのでホーム内のどちらかにほぼ必ず車両がいる(早朝とかはどうなのかな)。
G19_photo02.jpg G19_photo03.jpg
G19_photo04.jpg G19_photo05.jpg

過去の壁

壁はクリーム色の大きい正方形タイル縦2列。

更に前の壁は小さいモザイクタイルだった。そしてその頃までは田原町同様上部には家紋が彫られていた。もっとも、改装前の時点で白く塗りつぶされていてあまり目立たなかったようだが。1980年代後半に壁が変わった時に家紋レリーフは姿を消した。
G19_photo_old_01.jpg G19_photo_old_02.jpg
G19_photo_old_03.jpg G19_photo_old_04.jpg

撮影日:2017年12月/旧壁2016年2月