都営大江戸線一覧

都営地下鉄 大江戸線 データ

距離

都庁前駅 ー 光が丘駅:40.7km

駅数

38駅

ラインカラー

マゼンタ

車両

12-000形(3・4次車)
12-600形

過去の車両

12-000形(1・2次車)

駅の特徴

MEMO

1999年から正式名称が都営12号線から大江戸線となり、他の都営路線とは異なり一度も『都営大江戸線』が正式名称となったことはないが、時として都営大江戸線と呼ばれることもある。当サイトも場所によっては表記を合わせるためにこの名称を使っています。


E01 都営大江戸線 新宿西口駅

e01_photo01.jpg

乗り換え

M08丸ノ内線(新宿駅)
OH01小田急電鉄 小田原線(新宿駅)
SS01西武新宿線(西武新宿駅)
【SJK】(新宿駅)
JC05JR中央快速線
JB10JR中央・総武緩行線
JY17JR山手線
JA11JR埼京線
JS20JR湘南新宿ライン

構造

島式ホーム1面2線

NOTE

2000年12月開業。

壁デザインは1番線と2番線で異なる。都庁前駅方面の1番線はシールドトンネルのラウンドに合わせて横長のプレートになっており、アクセントに縦の緑の線が入る。飯田橋・両国方面は斜め溝形状の金属サイディング。

駅番号が01と付いているが終点でも始発駅でもない。これは終点である都庁前駅が途中駅でもあり番号が飛ぶのを防ぐため。

ふたつ隣の新宿駅と乗り換え案内がほぼ同じだが、新宿西口駅には京王線と都営新宿線がなく、丸ノ内線と西武新宿線がある。
e01_photo02.jpg e01_photo03.jpg
e01_photo04.jpg

撮影日:2018年3月




E05 都営大江戸線 牛込神楽坂駅

e05_photo01.jpg

乗り換え

なし

構造

島式ホーム1面2線

NOTE

2000年12月開業。

壁は横長のグレーのプレート。床や柱などを茶系の色が使われ、和っぽいテイストの駅デザインになった。

駅名は「旧牛込区の神楽坂にある駅」ということに由来する。

東西線の神楽坂駅とは地上入口間が約450mほどで人によっては飯田橋で乗り換えるより近く感じるほどの距離だが、乗換扱いはしていないので割引の対象外になる。
e05_photo02.jpg e05_photo03.jpg e05_photo04.jpg

撮影日:2018年3月

E06 都営大江戸線 飯田橋駅

e06_photo01.jpg

乗り換え

T06東西線
Y13有楽町線
N10南北線
JB16JR中央・総武緩行線

構造

島式ホーム1面2線

NOTE

2000年12月開業。

大江戸線のホームは他の路線よりもかなり深いところにあり、更にホームの位置も他路線のホームからかなり離れているため、乗り換えには不便。しかし通路やホームは離れているからこそなのか、グッドデザイン賞を数多く受賞している大江戸線の駅の中でも一際独創性のある駅で日本建築学会賞を受賞している。設計は建築家の渡辺誠氏。

ホーム内に階段がなく、両端に通路が延びているという地下鉄の島式ホームとしては珍しい構造になっている。通路先の階段には緑色のパイプが無数に伸び、そこに照明が付いている。これは「ウェブフレーム」と呼ばれコンピューターのプログラムが自動設計したもの。C3出口には葉っぱのようなデザインの換気塔があり、これとウェブフレームが一体となって地下空間の広がりを表現している。

ホームは中央部の天井が高くなっていて広々として見える。上下線で壁の色が異なり都庁前方面は黄色、清澄白河方面はシルバー(無塗装?)で横溝形状の金属サイディング。

非常に個性的で探索するのが楽しい駅。設計者の渡辺誠氏のサイトには各デザインの詳細が載っているので読めば更に楽しめるでしょう。
渡辺誠氏のサイト

e06_photo02.jpg e06_photo03.jpg
e06_photo04.jpg e06_photo05.jpg
e06_photo06.jpg e06_photo07.jpg

撮影日:2018年3月

E07 都営大江戸線 春日駅

e07_photo01.jpg

乗り換え

I12都営地下鉄 三田線
M22丸ノ内線(後楽園駅)
N11南北線(後楽園駅)

構造

島式ホーム1面2線

NOTE

2000年12月開業。

縦長の紺のプレートに真ん中には白のラインのタイル。白のタイルには進行方向を示す青い矢印が6連で描かれている。
隣の駅の本郷三丁目は同じような壁デザインだが、矢印の色と形が異なる。
e07_photo02.jpg

撮影日:2016年2月

E08 都営大江戸線 本郷三丁目駅

e08_photo01.jpg

乗り換え

M21丸ノ内線

構造

島式ホーム1面2線

NOTE

2000年12月開業。

縦長の紺のプレートに真ん中には白のラインのタイル。白のタイルには進行方向を示すグラデーションの赤い矢印が10連で描かれている。
隣の駅の春日駅は同じような壁デザインだが、矢印の形が異なる。

地下鉄同士の同じ駅名での乗り換えで、必ず一旦地上に出ないといけないのは本郷三丁目駅と蔵前駅のみである。(違う駅名で乗り換え扱いだけど地上に出ないといけない駅は有楽町線新富町駅ー日比谷線築地駅などそこそこ存在する)
e08_photo02.jpg e08_photo03.jpg

撮影日:2018年3月